2018年5月13日(日)、函館地区吹奏楽連盟主催の「平成30年度初心者講習会」に、講師として4名参加させて頂きました。

初心者講習会は、函館地区吹奏楽連盟が、中学校・高校で初めて楽器を手にした方々を対象に、楽器の取り扱い方法から基礎的な奏法などを学んで貰おうと、毎年この時期に函館市立本通中学校を会場に開催しているもので、今年は、当団よりフルート、アルトサックス、バリトンサックス、トランペット担当の4名が講師として参加。

参加した団員のうち、2名の感想。

函館吹連「初心者講習会」に講師として参加

Trumpet担当・ウィリアムズ 信介(4年生・2回目)

今回は、「高い音を出したい」という受講者の要望に沿って進めました。
「ハイトーンを鳴らすために楽な練習方法はない」ということを教えるために、初心者にとってはキツい内容でしたが、今まで出来無かったことが出来た時、受講生の「出来た!」という笑顔が見られ、私自身も幸せを感じました。

Trumpet担当・ウィリアムズ 信介(4年生・2回目)

Flute担当・成田 早希(2年生・1回目)

私が担当したクラスは、全員が中学1年生で、私も中学1年生からフルートを始めたので、何だか感慨深かったです。
基本はいつまで経っても大切だと改めて感じました。
初心者の方に教えるという、普段、なかなか出来ない経験が、自分の吹き方を見直す良いきっかけにもなったと思います。

Flute担当・成田 早希(2年生・1回目)

また、この講習会には講師として、当団OB・OGも多数参加しており、昼食時間など、先輩方との親交を深めることが出来ました。

受講生の生徒さんたちが、将来、当団員になること祈りつつ、貴重な経験をさせて頂いた函館地区吹奏楽連盟にお礼申し上げます。

「平成30年度初心者講習会」開催 | トピックス | 函館地区吹奏楽連盟

※掲載画像は、函館地区吹奏楽連盟より借用致しました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください