2018年6月23日(土)、ホテル函館ロイヤルにて「北海道教育大学夕陽会(せきようかい)創立100周年記念式典・祝賀会」が行われ、佐藤嘉大 北海道教育委員会教育長、工藤壽樹 函館市長、蛇穴治夫 北海道教育大学学長らが出席されたほか、800人を超える同窓生参加者の中、当吹奏楽団で演奏させて頂きました。

「北海道教育大学夕陽会創立100周年記念式典・祝賀会」にて演奏

北海道教育大学函館校は、1914(大正3)年4月に「北海道函館師範学校」として開学。
第一回卒業生68名らによって1918(大正7)年9月に同窓会として発足したのが「北海道教育大学夕陽会(せきようかい)」で、母校を強く支援する卒業生は現在、全国に1万5千人以上を数えます。
その栄えある100周年の記念行事で演奏させて頂いたことは、当吹奏楽団としても光栄であり非常にうれしく感じております。

まず式典では、オープニングとして「FANFARE AND FLOURISHES(James Curnow:作曲)」を演奏、「夕陽讃歌(佐藤 任:作詞、寺中 哲二:作曲)」斉唱で伴奏させて頂きました。夕陽讃歌の作曲者・寺中 哲二先生は、当吹奏楽団の顧問でもありました。

祝賀会ではアトラクションとして、当吹奏楽団の演奏のほか、モダンダンス・サークルが発表を行い、当吹奏楽団の演奏曲は下記の通りです。

  • イン・ザ・ムード(Joe Garland:作曲)
  • はこだて賛歌(前川 和吉:作詞、広瀬 量平:作曲)
  • ピンク・レディー・メドレー(都倉 俊一:作曲、山下 国俊:編曲)
  • 坂本九メモリアル(横内 章次:編曲)
  • 川の流れのように(見岳 章:作曲、金山 徹:編曲)

今後とも団員一同、皆様に楽しんで頂ける演奏が出来るよう活動して参ります。引き続き応援の程宜しくお願い致します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください